micro:bitで遊ぼう♪

「micro:bitであそぼう! たのしい電子工作&プログラミング」(技術評論社2018年12月1日発行 初版)の訂正と補足になります。

訂正および補足
正・補足
P.11 補正(キャリブレーション)」 校正(キャリブレーション)」
P.21 Edgeの場合はもっと簡単に保存できる手順があります。「保存」の右側の^を選ぶ→「名前を付けて保存」を」クリック→「MICROBIT」というドライブを選択→「保存」をクリック。
簡単04 相性診断(P.38~P.41) micro:bitの0番とGNDの端子を直接指で触る写真が掲載されていますが隣の端子も指が触れてしまうため正しい測定が出来ません ワニ口クリップケーブルを2本用意し、それぞれ0番(P0)とGNDに刺し、ワニ口クリップケーブルを介して指で掴んで下さい
P.39 「「500」という数値は、あくまでも目安で、数字を小さくするとハートが出やすくなって、大きくすると出にくくなるんだ。調整してみてね。」 体の状態によっては逆の動きになる事があるため「「500」という数値は、あくまでも目安で、ハートばっかりやバツばっかりになる場合は調整してみてね」に訂正
P.43 「4Gにしてみてね。」 「4Gにしてみてね。変数の話はp.69ビットコラムに書いてあるよ。
P.45 「ちょっと長いけど 「https://github.com/microbit-makecode-packages/whaleySansFont」を頑張って入力。」 「ちょっと長いけど 「https://github.com/makecode-extensions/WhaleySansFont」を頑張って入力。」
P.56 「驚かずにp.11のキャリブレーションを参照してね。」 「驚かずにp.11の校正(キャリブレーション)を参照してね。」
P.64 「30以上の場合にカウントダウンがスタート」 「30よりも大きい場合にカウントダウンがスタート」
P.75 ステップ2のプログラム中の「経過時間(マイクロ秒)」ブロック 稼働時間(マイクロ秒)
P.88 プログラムURLが漏れていました ステップ2下部に「プログラムURL http://mbit.fun/p16」を追記
P.104 ドアノブ側のプログラム」 ドアノブに取り付ける送信側のプログラム」
P.140 ステップ3 Windows10アプリの場合の共有URLの読み込み手順について説明がありませんでした
1.「ホーム」の「マイプロジェクト」の右端ある「読み込む」というボタンをクリック
2.「URLからインポート...」をクリック
3.「このプロジェクトのURLをコピーする。」の入力マスにhttps://makecode.microbit.org/57689-89110-73976-77344 を入力し「続ける」をクリック

P.140 ステップ4 Windows10アプリの場合の共有URLの読み込み手順について説明がありませんでした
1.「ホーム」の「マイプロジェクト」の右端ある「読み込む」というボタンをクリック
2.「URLからインポート...」をクリック
3.「このプロジェクトのURLをコピーする。」の入力マスにhttps://makecode.microbit.org/97491-98484-41892-25707 を入力し「続ける」をクリック

前のページに戻る